ブログ
2021年03月12日

インタビュー記事が掲載されました!

世界を牽引する太陽光パネルメーカーの「インリー ・グリーンエナジー・ジャパン」。
オウンドメディアとして「タイヨウノチカラデ キレイナデンキ」というウェブマガジンが新たに立ち上がりました!
自社製品のPRに特化せず、 広く自然エネルギーへの理解促進を行うものとして、読みやすい記事がこれから毎月発信されます。
この度、太陽に合わせて楽しく暮らす人として、インタビュー記事を掲載していただきました!
記事タイトルは「サトウチカさんの楽しく健やかなオフグリッド生活」。
太陽と一緒にエネルギーを生み出す暮らしの面白さや豊かさが伝わる、温かい読みやすい記事にまとめてくださってます。
記事はこちら
わたしの人生をオフグリッドへと導いたのは、東日本大震災と福島第一原発事故。
あれからちょうど10年の月日が流れました。
そして今わたしたちは、新型コロナウィルス感染拡大という国際的な危機を目の当たりにしています。
発電の燃料を輸入頼みにしている日本のエネルギー事情はとても脆弱。
1ヶ月先に何が起こり、社会はどうなっているのかも分からないような状況。
でも、オフグリッドは外側の社会システムから抜けているから、災害が起きても国際的危機に陥っても、生存の可能性は高まります。
10年目の節目に、「いのちと暮らしのエネルギー」について、改めて見つめなおしてみるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。
ぜひぜひ読んでみてくださいね!
「サトウチカさんの楽しく健やかなオフグリッド生活」
2021年03月12日 | Posted in イベント&お知らせ, ブログComments Closed 

 

2021年03月12日

ジュンク堂池袋本店で「オフグリッド」選書フェア開催中

 

3月6日から31日まで、ジュンク堂池袋本店で、『オフグリッド』選書フェアが開催されています!

拙著「ひらけ!オフグリッド」も選ばれて紹介されています^^

10年前にオフグリッドな暮らしに挑戦しようと決めたとき、パーマカルチャーや自然農などの本を読み漁りました。

当時参考にした本たちと、10年後のいま書店で自分の本が並んで置かれているというこの不思議。

人生って何があるか本当にわからないものですね。

このフェアのきっかけとなったのは、先月トゥーヴァージンズという出版社から出版された『OFF GRID LIFE』という本。

トゥーヴァージンズとジュンク堂が、いまこのような世の中だからこそオフグリッドの価値が生きてくるとのことで、刊行記念ブックフェアのイベントを企画しました。

著者は、フォスター・ハンティントン。

彼は2011年まで、アメリカの老舗ファッションブランド『ラルフローレン』のデザイナーをしていた人です。

そのキャリアを捨てて、キャンピングカーに必要最低限のものを詰め込み旅に出た彼。

その後、ワシントン州の森の中に、ツリーハウスをセルフビルドしてオフグリッドな暮らしを始めました。

『OFF GRID LIFE』は、彼のツリーハウスだけではなく、タイニーハウス、トレーラーハウス、ユルトやテント、ボートハウスまで、さまざまなオフグリッド生活者の暮らしが紹介されています。

どの暮らしも自然と溶け合っていて、思わずため息が漏れるほど美しい!

そこに住まう人たちのストーリーも、等身大で親しみがわいてきます。

そんな美しい写真250枚が一冊に収められたビジュアルブックです。

オフグリッド提唱者や実践者が、この本オススメ!というものをピックアップして、ずらりと用意されている今回のフェア。

わたしの大好きな本もいーっぱい。

自然と調和する暮らしに興味がある方なら、どの本も面白く読めると思います。

ぜひぜひ足を運んでみてくださいね!

「ひらけ!オフグリッド」も紹介されます^^

2021年03月12日 | Posted in イベント&お知らせ, ブログComments Closed 

 

2020年11月13日

プチオフグリッド講座 録画配信のお知らせ

『初めの一歩 プチオフグリッド講座』録画配信のお知らせです!

※注文フォームはページの一番下にあります

 

先日zoomでオンライン開催した『初めの一歩 プチオフグリッド講座~ミニ発電ライフを楽しもう~』。

募集を開始して間もなく定員を大幅に上回り、40名の方々がご参加くださいました。

後日視聴できる録画配信の希望のご連絡や問い合わせも多かったので、この度ご用意することにいたしました。

 

小さな太陽光パネルと持ち運び可能なポータブル電源を組み合わせたら、電気の知識がなくても小さな立派な発電所ができてしまいます。

電力を生み出して使う暮らしは、楽しさやワクワクや豊かさに溢れています。

キャンプなどのアウトドアでも使え、災害時でも活躍してくれる優れもの。

 

どんなものを選んだらいいの?どういう風に使うの?どんな楽しみ方があるの?

導入から実践までのプロセスを細かく丁寧にお伝えしている内容となっています。

 

〝オフグリッド〟〝アンプラグド〟という言葉がこれだけ広がってきたいま、

電線に縛られない創造性と自由度の高い暮らしへと時代は変わってきています。

そんなちょっと最先端なライフスタイルを垣間見ていただき、

新たな暮らし方の一歩目の後押しとなる情報を得ていただけたら嬉しく思います。

 

『初めの一歩 プチオフグリッド講座~ミニ発電ライフを楽しもう~』録画動画

2時間講座 ¥3500-

ゆうちょ銀行へのご入金確認後、注文時にご入力いただいたメールアドレスに動画のURLをお送りいたします。

ご注文フォームはこちら(※締め切りました)

 

 

 

 

2020年11月13日 | Posted in イベント&お知らせ, ブログComments Closed 

 

2020年10月20日

満々満員御礼!プチオフグリッド講座の申し込みを締め切りました

 

11月5日に開催する『はじめの一歩 プチオフグリッド講座~ミニ発電ライフを楽しもう~』。

お申込みを開始してあっという間に満席になってしまい、急きょ倍の枠に増やしたのですが、それでも定員パンパンになりましたので、締め切ることにしました。

たくさんのお申込みをありがとうございました!

動画配信希望のお声もいただいたので、よっぽど噛み噛みにならなければ(笑)、後日配信しようと思います!

 

当日は炊飯器をつなげてご飯炊きを生中継する予定です。

日常の暮らしはもちろんのこと、いざという時にこんな風に使えるよ!という有益な情報をたくさんお伝えできたらいいなと思ってます。

参加者のみなさんと実りある豊かな時間を過ごせることを、心より楽しみにしてます♪

2020年10月20日 | Posted in ブログComments Closed 

 

2020年09月30日

淡路島に移住しました!

 

久しぶりの更新です!

二か月もさぼってしまい大変失礼いたしました(汗)

というのも、7月末に神戸から淡路島に移住しまして、新しい暮らしを整える楽しさに没頭していたのです。

 

念願の淡路島生活。

新しい家は、東側が海で西側は山。

大阪湾から昇る日の出を見て、山に沈む夕日を見る毎日。

お日様好きのわたしにはたまらない日々です。

 

移住のきっかけはコロナ禍を神戸という都会で経験したこと。

ニュースに翻弄されて買い占めが起きてモノや食べ物が無くなる様子を目の当たりにして、

これから先を生き抜いていくためにはやっぱり自然のシステムの中で生きたいなと思ったのです。

それは2011年の東日本大震災を経験してオフグリッドな暮らしを選択したときと似ているかもしれません。

 

食料自給率100%を超えるこの島は、海の幸も山の幸も豊富。

生き延びる力をここで育んでいきたいです。

淡路島での暮らしの発信もこれからしていこうと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

2020年09月30日 | Posted in ブログComments Closed 

 

2020年07月14日

朝日新聞beに掲載されました!

 

7月11日の朝日新聞朝刊be「私のThe Best」のコーナーで、インタビュー記事を掲載していただいてます!
敬愛する新聞記者斎藤健一郎さんに書いていただけて、めっっっっっちゃ嬉しい!
斎藤さんも震災をきっかけに、5アンペア生活というオフグリッドな暮らしにチャレンジされました
ハートが温かくて気さくで、新聞記者のイメージを変えてくれた素敵なお方です。
今回のインタビューは、初心に戻らせてくれる、忘れられない取材となりました。
というのも、「私のThe Best」というコーナー名の通り、自分が夢中になっている大好きなものについて語るのですが、テーマがオフグリッドでもなくソーラークッキンクでもなく、なんと太陽!
壮大なテーマで語らせてくださったのです。
インタビューオファーのときに、斎藤さんはこうおっしゃいました。
「本を読んで、太陽へのラブレターだと思いました。こんなに多角的に太陽について語れる人って、全国でもチカさんくらいなんじゃないかと。
 そこで、オフグリッドとかソーラークッキングをテーマにしてしまうと、限定的になって制限されてしまうような気がするんです。
 なので、ここは思い切って太陽について熱く語っていただきたいなと。」
オフグリッド女子というのが一人歩きしがちですが、わたしが真に伝えたいのは太陽の素晴らしさや偉大さ。
太陽の光でわたしたちがどれだけ生かされているかを知ってほしい!
下を見て影を追うのではなく、目線と視点を上に変えて、光と共に生きてほしい!
そんなわけで、忙しい記者さんと知りながらも、太陽について1時間半も熱く熱〜く語ってしまいました(笑)
あの熱量をここまで読みやすい記事にまとめてくださった斎藤さんに、ただただ感謝です。
朝日新聞購読者のみなさま、ぜひぜひ読んでくださいね!
オンライン記事でも読めます!→こちら
2020年07月14日 | Posted in ブログComments Closed 

 

2020年06月30日

おひさま料理レシピ更新しました!

梅雨の晴れ間のソーラークッキングは、そのありがたみが倍増します。
タイミングを逃すものかと、すかさず材料切って、エコ作のガラス筒に詰めて、素早くおひさまの下にセット(笑)

今日はズッキーニと鶏肉を使ったおひさま煮込みをお昼ご飯に。
おおおおおお美味しいーーーー!!!

ズッキーニはトロトロに、ジャガイモはホクホクに、鶏肉はジューシーに。
野菜と鶏肉のうまみを吸いながら煮込まれていくから、なんとまあ濃厚なこと!

レシピ更新したので参考にしてぜひ作ってみてくださいね。

レシピはこちら

 

いまは夏至を過ぎたばかりの陽極まった太陽。
おひさまエナジーたっぷりのお料理から充電できて、げんきになりました。
おひさま今日もありがとう!

2020年06月30日 | Posted in ブログComments Closed 

 

2020年05月14日

「にんげんクラブ」会報誌に載りました!!!

 

なんと光栄なことでしょう!!!!!

「にんげんクラブ」の会報誌6月号に、12ページにわたるインタビュー記事を掲載していただきました!

 

 

かの有名な舩井幸雄さんがご生前に発足された「にんげんクラブ」

舩井さんは経営コンサルタント業を通じて、「世の中の構造」と「にんげんの正しいありかた」を40年以上研究された、株式会社船井総合研究所の創業者

いまの資本主義では世界は持たないとし、エゴ中心の生き方から天の理に沿った生き方を唱え、精神世界やスピリチュアルな分野を探求された方でもあります

そんな尊敬する舩井さんが著された「エヴァへの道」は、太陽の真実の姿について書かれていて、好きな本の一冊です

 

 

いつか「にんげんクラブ」からお声がかかるようなにんげんになりたい

そのために自身の精神性と霊性を高められるように精進していこう!

素直に愚直に誠実に使命を全うしていこう!

そんな思いを大切にしてきました

そして、本当に叶ったのです!!!

 

 

インタビュー記事では、新型コロナウィルスがいま見せてくれている、わたしたちの意識についてお話しさせていただきました

それは、恐怖とグリッドする人間の思考癖

それは、恐怖の中で安心してしまうというパラドックス

恐怖から抜ける覚悟を問い、新たな世界の再構築・再創造を誓うことができるかを、いまコロナは試していると個人的に捉えています

この号では、舩井勝仁さんやそのほかの方々の、コロナに関する様々な考えもたくさん載っていて、非常に勉強になりました

特に、弁護士であり医学博士でもある、秋山佳胤先生の連載記事は唸るものがあります

そもそも病気の原因は、本当に細菌やウィルスにあるのか?という根本的な問いにしびれました

 

 

政府や大企業にとって不都合なことはフィルタリングされる「記者クラブ」

それを通してもたらされるマスメディアの情報

三次元的な考え方から抜けた別次元から真実を探す「にんげんクラブ」

それを通して新しい視座が与えられる情報

どんなメディアからの情報を取り入れるかで、目の前に映し出される世界はこんなにも変わるということを改めて感じました

コロナを通して今の世界をどう捉えるか

コロナ後の世界でどう生きていくか

とても大切なメッセージがたくさんありました

この号で取り上げていただけてよかったです!

 

にんげんクラブとツーショット

一生の記念です

2020年05月14日 | Posted in ブログComments Closed 

 

2020年05月08日

おうち時間は創作意欲を刺激する

 

創作意欲が溢れてくる〜!

一目ぼれした布地でワイドパンツづくり

ドアの窓用のカーテンづくり

友人へのプレゼントにコースターづくり

ずっとほしかった座布団を手作り

 

 

お家時間が増えると、あれもこれも作りたくなるのは、ヒトの本能的な感覚なのかな

友人たちの投稿を見ていても、家族で料理したりお菓子づくりしたり、家庭菜園したりと、何かを作る楽しい報告がいっぱい

子どもたちが率先してお料理やお菓子づくりをするようになった的な投稿も多いなあと

見てるだけでこちらも楽しくなってきちゃう♫

 

 

いつもお世話になってる布屋さんに行ったら、レジに行列ができるほど女性たちがいーっぱいでビックリ!

噂によると、いまホームセンターはDIYにハマった男性たちで賑わってるとか!

女性たちは裁縫に目覚め、男性たちはDIYに目覚めてる模様

仕事や学校に費やしていた時間から、家庭で家族と過ごす時間に変わったことで、何か本能的な人間的な感覚が蘇ってきたのかな

 

家庭菜園、ガーデニング、DIY、お料理、お菓子づくり、家族で楽しむ遊びなどなど

よくよく考えてみると、ひと昔前までは自分たちの手で衣食住&遊びを生み出すことが当たり前

それがいつのまにかパソコンやスマホを操作する手に変わっていたわけで

とろこがどっこい、コロナのおかげで思いがけず思い出すことになったというか

「そうだった!自分たちにはなんでも創り出せるこの手があったんだ!」って

この手はそれらを作りたくて、ずっとずっとウズウズしていたのかも

何かを生み出す楽しい手の感覚が人類に蘇ったら、楽しい家づくりとか綺麗な街づくりに自然と繋がっていきそう

それが最終的にはクリエイティブな美しい地球づくりになっていくんだろうな

2020年05月08日 | Posted in ブログComments Closed 

 

1 2 3